予備のインク、トナーを用意しておきましょう

プリンターは用紙、インクまたはトナーが無いと使い物にならないただの箱になってしまいます。また、いざ印刷しようとするときに限ってインク切れやトナー切れなどに遭遇 してしまうことも多々あります。今ではコンビニなどでもインクを取り扱っていたりする場合もありますが、ランニングコストもできるだけ抑えてかしこく利用するためには 常に予備としてインクやトナーを1つ用意しておくことをオススメします。

黒インク、トナーを有効利用

常に写真印刷をするような場合を除いて、黒は一番利用する機会が多い色です。そのため、機種によっては黒インクだけ大容量タイプを採用しているものもあります。また、黒インク、トナーの価格は 多の色に比べて安いため、社内文書やちょっとした印刷ではモノクロ印刷にすることでランニングコストを抑えることができます。

更に、モノクロ印刷でも解像度を下げることで更に利用するインク量を抑えることも可能です。

リサイクルトナー、詰め替えインクの活用

リサイクルトナーやリサイクルインクをご存知でしょうか?最近では家電量販店でも取り扱いされることが多くなってきました。 中には新品のものと比べると半額以下のものもあったりします。

それだけ安いのには理由がありデメリットの部分もあります。しかし正しく理解していればかなり利用価値があります。詳しくはリサイクルトナーとは?を参考にしてください

レーザープリンターの場合は白箱(NB)という選択肢

トナーの場合は白箱という、中身は純正品と全く同じで、価格が安いものがあります。これは海外用のものを逆輸入していたり、メーカーにおさめる前のものであったりします(OEM)。 リサイクルトナーのように安くはありませんが純正品よりは安く入手可能です。 ただし、どのプリンターにもあるわけではないので、入手可能かどうかを機種購入の判断基準としてみるのも賢い買い方かもしれません。

リサイクルトナー,詰め替えインク取り扱い店舗