[スポンサー] リサイクルトナーのアクタス

リサイクルトナーや詰め替えインクのメリットとデメリット

もはや一般的となったリサイクルトナーや詰め替えインクですが、使った事はありますか? 中にはトラブルに見舞われて二度と使わないと心に決めている方もいるかもしれません

まず、リサイクルトナーや詰め替えインクが人気なのは何故なのでしょうか?大きな理由は以下の2つです

  • 価格が安い
  • 環境に優しい
特に、価格が安いのは魅力的で正規純正品の半額以下のものもあります。ランニングコストを考えた場合はとても魅力的な商品なのです。

メーカーによるリサイクル品と第3者によるリサイクル品

現在のリサイクル品は大きく2系統に分類されます。

  • メーカー自身によるリサイクル品
  • メーカーではない第3者によるリサイクル品
もちろん、メーカーによるリサイクル品は品質においてほぼ間違いがありません。というのも、一部の悪質なリサイクル業者では 空容器の再利用回数に上限をもうけていなかったりするため、トナー漏れが発生したりと品質に問題があるものもあります。

また、メーカーによるリサイクルトナーを利用してもプリンターの保証は有効ですが、その他のリサイクルトナーを利用すると故障時にメーカー保証が受けられないこともあります。

詰め替えているトナーやインクは純正品と全く同じで無い場合もあります

リサイクルトナーなどで利用されるトナー粒子は純正品に近いものを利用していることが多いです。特にカラーに関してはその差は素人が見てもわかるぐらいの場合もあります。 色合いの再現性が必要な場合にはリサイクルトナーは適していません。試し刷りができないので確認するのが難しいですが、気になる場合はお店にサンプルを請求し確認してみましょう

Googleによると以下のショップの広告が関係ありそうです

ランニングコストを抑えるためならノーブランド品という選択肢もあります

リサイクルトナーの価格は魅力的だけど、実際使うのは不安だなぁと言う方にオススメなのがノーブランド品です。 これは品物そのものは純正品と全く同じなのですが、メーカー名などが入っていないいわゆる白箱(OEM)になります。

もちろん価格も純正品より安くなります。予備として用意しておくには適した商品になります。

リサイクルトナーを活用するために注意すること

  • 値段だけで判断してはいけません。しっかりとした保証(代品無料出荷,100%保証,3年保証など)がついている販売店を選びましょう
  • リサイクルトナーを利用するときは、万が一に備え必ず予備のトナーを用意しておきましょう
  • 販売店に不具合発生率について問い合わせて確認しましょう。機種によって発生率が大きく異なります。
  • 安全にランニングコストを下げたいのであればノーブランド品の購入も検討してみましょう