もう一度おさらいしよう!基礎知識

インクジェットとレーザープリンターの違いって?
印字の仕組みが異なります。インクジェットはその名の通りインク(顔料、染料)の小さな粒を小さなノズルから的確に噴射させることで印字します。印字面を拡大して見ると小さな粒子の粒で印字されていることがわかります。 それに対してレーザープリンターはトナー粒子を熱によって紙に転写することにより印字します。一般的にレーザープリンターは大量の印刷に適していますが、大型であることや印刷が開始されるまで時間が掛かるためオフィスなどでの使用に適しています
リサイクルインクやリサイクルトナーって何?
その名のとおり、空のインク容器やトナー容器を再利用して最充填された商品のことです。純正品と比較してとても割安であることと、多くのお店でも取り扱うようになったため一般的になっています。ただし、インク漏れやトナー漏れなどが発生した場合は メーカーの保証を受けることができない場合もありますので、購入時に販売店の保証がついていることを確認することが重要です
解像度ってどう見るの?
カタログなどによくdpi(dots per inch)という単位で表現されているのが解像度になります。これは1インチあたりのドット数を表していますので値が大きいほど高解像度で印刷が可能ということになります。A4などの大判で印刷したりするときにその差が わかると思います。ただし、年賀状程度の印刷や文書類の印刷がメインであれば低価格の機種の解像度で十分です。
メーカーによる違いは?
一番人気があるのはエプソンとキャノンです。以前は写真などの印刷ではエプソンが一番と言われていましたが、キャノンのプリンターもとても綺麗に印刷できます。 よくわからなければエプソンかキャノンの売れ筋のプリンターを選ぶと大きな失敗はしないはずです。
低価格プリンターって大丈夫なの?
聞いた事がないようなメーカーでよく知らないのであれば避けた方が無難です。また、大手メーカーのプリンターでも低価格プリンターの場合は 一体型インクになっているものがあります。これはランニングコストからみて優れていませんのでできれば独立インクのタイプを購入されることをオススメします。
中古品のプリンター
中古品のプリンターは質がとても悪いものから新古品のものかで大きく異なります。 プリンターは周辺機器の中でも紙づまりなどの故障が発生しやすく中古品を購入する時点でリスクがあります。 また、修理に掛かる費用を考えると新品を購入したほうがお得な場合もあります。